スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日です。


今年は不景気だから忘年会少ないだろうと思っていたら、
風邪をひいた一日を除いて結局毎日忘年会。

忘年会って久しぶりの人に会えたりするから好きです(^O^)

そんなわけで、師匠も私も忙しく駆け抜けた師走が終わります。
来年はどんな年になるんでしょうね^^

皆様、今年も一年ありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト

大井町なう。


本日、移動の連続だったので、
すっ飛んで来たら一番に着いちまった。
暇なので自分撮り^^;

今年は似顔絵!

先日、毎年恒例のお誕生日会がありました。

今年のケーキは似顔絵!

原画がないと作れないので、
原画となる似顔絵をイラスト上手の俳優・岡本純治君に依頼しました。




←岡本君
依頼人の私が多忙につき急ぎのお願いになってしまったのですが、
「了解しました!」と気持ち良いご返答。
地方で仕事してる中、30分かからずに仕上げてくれました。

その原画を元に可愛らしいケーキに仕上げてくれたのが、
このブログで何度もご紹介しているケーキ屋さんのフルミィさん。
フルミィさんもタイトなスケジュールの中、
ロマンスグレーな(笑)前髪と髭の色を出す為に胡麻のクリームを作ってくれたり、
たくさんの温かい工夫をしてくれました。
いつも私のワガママな発注を形にして下さって感謝しております!

お陰様でこのケーキ、大人気。
ローソクを吹き消した後は写メられツアーに出てしまい各席を回っていました( ´艸`)


手作り菓子の店フルミィ
TEL 03-5779-6545 FAX 03-5779-6546
世田谷区太子堂5-30-6

駆け抜けるイブ!



昨日のクリスマスイブは忘年会ハシゴな夜。
バタバタと新宿・渋谷界隈を駆け抜けました。
朝方、大好きな神座のラーメンでシメてお腹も気持ちも大満足(^O^)

YMO


大奥でもうずーっとご一緒してる家族みたいな友人、岩橋道子ちゃんの芝居を観に行きました。

道子のホームグラウンドである劇団、ラッパ屋の、
「YMO~やっとモテたオヤジ~」。

いつもラッパ屋さんの芝居はリアリティのあるセットを組んで、
そこで物語が進んで行くのですが今回はシュールなセットで、
舞台上も地下鉄やそば屋、病院やドトールなど様々な設定に変わります。

話ももちろん面白く、ご出演の皆様のお力も申し分なく、
今まで観たラッパ屋作品の中で一番好き( ´艸`)

ものすごくお薦めしたい作品なので皆様ぜひ紀伊国屋ホールへ!
特に日々お勤めに励む会社員の方には男女問わずお薦めしたいです(^O^)

ラッパ屋「YMO」は26日まで。
ちなみに本日24日はクリスマスなので残席多し。
良いお席が取れるそうですよ(^O^)

↓ラッパ屋サイト
http://homepage3.nifty.com/rappaya

すっぽんナイト

すっぽんコースで、こぢんまり忘年会。



小鉢に入ったツブツブは、スッポンの卵の醤油漬け。(美味!)
おされグラスに入った赤い液体は、もちろんスッポンの生き血+純米酒。
スッポン大好きなアタクシ、当然一気です。



肝焼き、茶碗蒸し、唐揚げを経て写真のスッポン鍋へ。
雑炊で〆て身体ポカポカでした。

そして今朝はお肌うるうる。
化粧ノリが全然ちがう!
これだからスッポンはやめられねぇぜ(-.-)y-~

塩バター焼きそば


今日は久しぶりに自宅でゆっくり夕食を食べました。
こんなにゆっくり出来るのは何ヵ月ぶり?ってくらいの久しぶりっぷりです。

写真は夕食に作った「塩バターやきそば」。
こんなメニューが巷にあるのか知りませんが、
残っていた野菜炒めのリサイクル法として思いついて作ってみました。

野菜炒め→中華めん足して焼きそば→味付け普通じゃつまんない、って流れから、
バター足しちゃう?となり、
「塩バターラーメン」があるんだから「塩バターやきそば」があってもいいよね?
と相成りました。

ポイントは最後に鍋はだにちょっとだけ回し入れるお醤油。
この一手間でぐっと味が締まり和風バター感が増します。

一人でゆっくりと自宅で頂く夕食は最高に幸せ。
って、こんな幸せ感じてるからますます一人がやめられなくなるんですね^^;

人気スポット

今日は暖かで過ごしやすいですね(^O^)

定期的に通っている皮膚科に来ています。
毎日バタバタしていて気付いたらまもなく薬切れ。
今日しか来られない!と慌てて来たのですが、
この皮膚科、相変わらずの大人気。
受付終了して一時間半以上経つのに待合室に50人以上いるってどうなの^^;
あ、決して大病院ではなくてお医者様が一人だけの小さな病院です。

病院の名誉の為に記しておきますが、
決してスタッフの方がサボっているわけではないのです。
スタッフ数も多いし皆さん休むことなく働いています。
もちろん先生もずーっと診察してます。

それなのにこの待ち!
どんだけ人気かおわかり頂けると思います。
夕方5時半に入って出たのが9時過ぎって日もありました^^;

それでも通ってしまうのは先生の実力です。
こんな時代ですから、みんな損はしたくない。
世間が本物を求めた結果こうなっているのですから、
この待ち時間はとても素晴らしいこと!

と、自分に言い聞かせながら、
薬もらえるまで今日もオイラは頑張ります!
早く冬晴れのオンモに出たぁ~い(;_;)

コストコってます。

コストコ、好きです。
今年の秋に初めて行ったのですが、
気に入り過ぎてまた行っちゃいました。

とにかく全てがジャンボサイズ!
業務用のジャンボさにアメリカンなジャンボさが加わりますから、
目にする物の感想の8割が、「でけぇっ!Σ( ̄◇ ̄*)」。

毎回びっくりしすぎて何が欲しいのかよくわからなくなってしまいますが、
とりあえず今回は必要だった綿棒とクレイジーソルトをゲット。



クレイジーソルトは小さい方が普段使っている大きさ。
通常スーパーなどで売られているサイズです。
高さ12cm以上の、塩としてはやや大きめサイズですから、
左側のコストコサイズがどんだけデカイかご想像頂けると思います。

しかもコストコは基本いくつかまとめてのセット売り。
クレイジーソルトも2本セットか1ダースでしか売ってもらえないので2本セットを購入しました。
おかげさまで来年いっぱい我が家のクレイジーソルトが切れる事はないと思われます。



しばらく切れる事がないのは写真の綿棒も同じ。
3パックセットかダース売りしかないので3パックを買ったのですが、
本数にすると1パック625本×3で1875本ご購入。

「すげっ!でかっ!やすっ!」
と興奮して買ったはいいけれどよく考えたら綿棒使うのって1日に1~2本。
年間500本として3年半以上保つ計算です。

これってなんかヤぢゃね?

3年前に買った綿棒って使った記憶がありませんが、
一度開けたらきちんと密封できないパックなので、
部屋の湿気吸って使い物にならなくなるんじゃないかとか、
愛煙家の私の部屋のヤニ吸って黄色い綿棒になっちゃうんじゃないかとか、
余計な心配をしてしまうのです。

いっそのこと昆布とか春雨みたいな乾物扱いで、
缶に入れてシリカゲルと同居してもらおうかと思ってます。
嘘です、そこまでするのめんどくさいです^^;


それにしても、こんなくだらない事まで想像させて頂けるのは、
普段あまりお目にかかれないジャンボサイズ故。
常軌を逸した非常識なまでの大きさ、数の多さに、
購入した物の収納や今後の行く末をあれこれ想像してしまうのです。
なんだかんだ言ってこれって結構楽しい( ´艸`)


因みに食品も全てジャンボサイズ。
気になっているのはアメリカンな可愛いいジャンボケーキです。
一度食べてみて味が知りたいのですがジャンボ過ぎて一人暮らしの私が買うのはムリ。
宴会でもしなければ食べる機会がなさそうなので、
多人数の宴会を企画しようとさえ思ってます。
…多分しないけど^^;


てなわけで、来年も暇ができたらコストコさんに通って、
いろいろと楽しませて頂く所存でございまする。
目標は食料品コンプ!って絶対ムリだけど(ノ-o-)ノ

大阪ぐるめレポ《お好み・たこ焼き編》

しぶとく企画継続中です(^_^;)

写真放出の目的ももちろんあるのですが、
やっぱり大阪のお好み焼とたこ焼きってちょー美味しいんです!
なので、それを皆様に伝えたぁ~い!
ワタクシの知り得る難波辺りのお好み・たこ焼き事情をレポりますので、
何かのご参考になれば幸いでございますm(__)m


先ず、お好み焼き。
とにかく美味しいと評判のお店だったのが「味乃家」さんと「おかる」さん。
基本的に大阪のお好みはどこも美味しいのですが(生地の味がレベル高し)、
この2軒はダントツでした。



写真は、おかるさんのお好み焼き。
当然、美味しいのですが、女将さんがマヨネーズで絵を描いてくれることに感激!
美味しさの感激に更に感激が上乗せされるワケです。
マヨでサササッと写真のキティちゃんや、スヌーピーなどを描いてくれます。
食べるのもったいない!と言いながらペロリと平らげる我々でございました。



こちらの写真は「味乃家」さん。
あまりの美味しさに感激して写真撮るのを忘れていたので残骸しか残っていません^^;
そのくらい美味しいってことです!
私のお気に入りは「もちとチーズのお好み焼き」でした。

味乃家さんは大阪の美味しいお好み焼き1位に選ばれた事もある有名店です。
いつも並んでいるので予約した方が良いと思われます。


続いて、たこ焼き。
難波の街はとにかくたこ焼き屋さんが多い!
10mに一軒はあるんじゃないかってくらいの多さです。
当然どこも美味しいのですが驚きは食べ方の多様さ。

お味をいろいろ選べるのですが、定番のソース以外に醤油は当たり前、
塩やポン酢、ピザソース、サルサソースなんてぇのもありましたし、
何もつけずにそのまま生地の味だけで食べとくれ!ってな店もありやして、
こちとら江戸っ子は吃驚仰天でございやした。

トッピングも青ネギ、チーズ、鰹節、ゴマなどいろいろ選べて、しかも安い!
そして、美味い!
基本的に美味しいと言われているお店のたこ焼きは、外はカリッと中はトロッとしてます。
実際、あのトロトロはクセになりました。

大阪の街には大阪風のたこ焼きと一緒に「明石焼き」も売られています。
タコの入った卵感の強い黄色い生地にお出汁をつけて頂くアレです。



写真は、件のおかるさんで頂いた明石焼き。
卵感強めのフワフワで優しい味わいです。

実はアタクシ、明石焼き大好き女で出会いは35年ほど前。

当時、園児だったアタクシは母と行った伊勢丹で明石焼きを食します。
一口食べて、淡白で優しい味わいのトリコになった園児かとう、
明石焼きを毎日母にせがみます。
しかし当時はまだ東京であまり流通していない食べ物。
毎日食べられるような代物ではありませんでしたので、
たまにデパートに行った母が買って来てくれる明石焼きを有難く頂くという子供時代でした。

そんな幼少体験から「明石焼き」と聞くと食べなくちゃ!と思うパブロフな女になったアタクシ、
大阪で明石焼き食べまくり。
完全に「大人買い」ならぬ「大人食い」でした^^;


ついでにおまけ。



お土産で買った「たこ焼キャラメル」です。
完全に悪ふざけで買ったのですが、意外や意外!
がっちりタコヤキ味で、しかもちゃんとキャラメル!
青のりとソースの味がするのにちゃんと甘いキャラメルなんです。
食べた人は、美味い→5人、食べられる→2人、気持ち悪い→1人でした。

興味は持たれると思うのでお土産に是非どうぞ(^^)


さてさて、一ヶ月以上引っ張らせて頂いた大阪公演のご報告もこれで終わりです。
千秋楽から半月ですが、写真も放出できたってことでやっと本当に終えられた気分(^O^)

今のところ地方に行く予定はありませんが、
地方ロケや地方公演にやたらとご縁のあるワタクシです。
また近いうちにどこか遠くの街からご報告させて頂けるかもしれません(^O^)


最後に。
10月の浅草での芝居が終わって大阪に入るまでの稽古中、
なかじままりさんと二人で10月の芝居の打ち上げをしました。
女性出演者は私たち二人だけの芝居でしたので、二人の打ち上げをしたかったのです。



まりさんは艶やかな和服姿。食すはホルモン焼き。
ビール飲みながら女二人の本音炸裂、素敵な一夜でした( ´艸`)


それでは、本当に終わります^^;
長文に最後までお付き合い頂いた皆様、
ありがとうございました!

大阪ぐるめレポ

千秋楽から10日以上経過、今更感が否めない大阪写真放出企画です^^;
お付き合い下さいませm(__)m


とにかくよく食べたのが「うどん」。
公演中は楽屋にほぼ軟禁状態でつまみ食いばかりしているので胃がかなりお疲れ状態でした。
おまけに食べたらすぐ寝なくてはいけないので、なるべく消化の良い物を、
となると自然と「うどん」率が高くなるわけです。



そんなわけでよく行ったのが(というより連れて行って頂いたのが)、
おうどんの「つるとんたん」。
写真は大好きな「明太子クリームのおうどん」。
「つるとんたん」は東京にもあるので何度か行ったことがあるのですが、
本場大阪で頂く「おうどん」はまた格別でした(^O^)


大阪の街でよく見かけるのが「かすうどん」の看板。
「かすうどん」ってあんまり美味しそうなネーミングじゃないので逆に興味をそそられたのですが、
「かす」とは、ホルモンを油でじっくり揚げたものだそうです。



あっさりした関西のお出汁に「かす」が入るとコクが出てお味に深みが出ます。
トッピングが選べるのですが写真は青ネギととろろ昆布と「かす」だけのベーシックなものです。


うどんばかりだと飽きるのでたまにはゴージャスお料理も頂きました。
(というより、ご馳走になって頂かせて頂きました)



写真は、「生肉盛合せ」と「毛ガニ」。
「生肉」は焼肉屋さんで、「毛ガニ」はお寿司屋さんで頂きました。
地方に行ったら焼肉と寿司はやっぱり外せません( ´艸`)


大人数での宴会もあります。



写真は、大阪名物「串あげ」のお店での宴会の様子。
二階が昭和感たっぷりのお部屋になっていてご先祖様の遺影が飾ってあったりします。
ビールも写真のような状態でセルフで注ぐので完全に親戚の家での新年会気分。
ずっと一緒にいるので家族だと錯覚する瞬間がよくある大奥メンバーですが、
この一夜で更に家族感が増しました。
もちろん、お料理も美味でございました(*^^*)


最後にデザート。
大奥女子に大人気だったお店が「ヨーグルトランド」。

写真1

ロス発のお店で、日本では沖縄と大阪にあるそうです。
フローズンヨーグルトをセルフで容器に入れてトッピングもセルフ。
最後にレジで重さを計ってお会計という、完全セルフ計り売りのお店です。

写真

フローズンヨーグルトは10種類くらいあっていろんなお味が楽しめます。
私のお気に入りは「タロイモ」でした。
東京にないのが残念なので、渋谷・原宿辺りに出店キボンヌです!


というわけで「大阪ぐるめレポ」終了~!
長文にお付き合い頂き、ありがとうございましたm(__)m

次回は「お好み・たこ焼き編」です。
まだやるんかいっ!

楽屋だより最終回

って、既にあの楽屋には別の方が入っていると思われますが…^^;
写真が残っているので「最終回」ってことで放出させて下さいまし。

「まし」と言えば「でし」。
先日の千秋楽をご報告した投稿で、
「舞台経験がほとんどない私にとって、同じ芝居を245回もやるなんて完全に未知の世界でした。」
と打ったつもりが、まさかの「た」抜けで「でし。」終わり。
「同じ芝居を245回もやるなんて完全に未知の世界でし。」
になってます(;_;)

けっこうマジメに芝居について語っちゃってるだけに、
「でし」終わりがかなり情けなく…。
哀しい状態でネット上に晒されております。
読みずらいとは思いますが今さら直すのも何なのでこのまま永遠に晒し続けます!


と、言い訳が済んだところで楽屋。

本当に人がたくさん集まる楽屋でしたが来訪者は出演者だけではありません。
終演後は、観に来て下さった関係者の方々が楽屋に来て下さいます。


写真は、初日に観に来てくれた高橋駿海(はやみ)君とお母様。
以前このブログでもご紹介しましたが、
駿海君は今年の大奥明治座公演と博多座公演の出演者でした。
大阪公演は、舞台の大きさの関係で子役が女の子一人になってしまったので、
今回はお客さんとして観に来てくれたのです(^o^)
三ヶ月ぶりに会った駿海君は、
また一段と男の子っぽくなり利発な印象が増したように感じました。
子供ってこんな風にぎゅんぎゅん成長して、どんどんしっかりしちゃう生き物なんですね(^^)

なんて事を思いながら、
自分の出演した芝居をお客さんとして観られる駿海君を羨ましく思いました。
私は一度でいいから舞台版大奥を丸々観てみたいと思っていたのです!
ま、叶わぬ夢で終わりましたが^^;

そんなわけで駿海君!
次はいつ共演できるかわからないけど必ずまた一緒に仕事しよう!
その時は、イケてる男になっててね!
私もつまんないおばさんにならないように頑張るからさ!

てゆーか、メールで伝えろよって話ですね^^;



最後に差し入れ写真。
大阪名物「押し寿司」です~!
江戸前のお寿司とはまた違った美味しさで幸せになりました( ´艸`)
美味しい物を頂くと心が豊かになってスケジュールがキツくても頑張れます。
差し入れを下さった皆様、ありがとうございましたっm(__)m


てなわけで、今さらな松竹座楽屋だよりを終了致します。
次回は終演後のプライベート写真(つってもほとんど食べ物関連です^^;)を大量放出!
の予定。

Twitter



月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。