スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の流れに身をまかせ

GWに浅草で打ち合わせがあったのですが、とにかく凄い人出!
明るいうちに打ち合わせが終わったので、
GWに乗っかろうと、花やしきに行ってみました。


花やしきといえば、民家のすぐそばを突っ走るジェットコースターが有名ですが、
そちらは、なんと二時間待ち!
仕方なく、円盤がぐるぐる回りながら曲線上を行ったり来たりする、
なんとかという乗り物(名前忘れた)に、乗ってみました。



 ←なんとか



一言で言うと、疲れた。
スリルとかワクワクとかで奇声を発して喜んでたのは最初だけ。
無理矢理なGと強制的に移動させられてる感じにだんだん飽きて来て、
まだ続くの?的な気分になります。
高速で移動させられてるから、髪の毛ボサボサだし。

一緒に乗った監督は、メガネを取らなくちゃいけなかったので、
何も見えなくなって異次元へ行ってしまい、
本来の楽しみ方が全く出来なかったとか。

なるほど、こういうハードな乗り物って、
気力体力の充実してる若い時期しか楽しめない期間限定モノだったのね!
いろいろガタが来てる中高年は、既に楽しめない身体になっているわけだ!


そんな妙な納得をした帰り際、「ぴょんぴょん」なる乗り物を発見。
5mほどの高さまで上がり、
その後は「ぴょ~ん、ぴょん」というアニメ声に合わせて揺さぶられ、
降りて来るだけという、とてもやさしい乗り物です。



 ←ぴょんぴょん





「あれでいいぢゃん!」
たった今、己の分をわきまえたワタクシ、
自分向きの乗り物を発見して乗り込もうとしたら、クラクラと眩暈が。
どうやらハードな乗り物で体力を使い果たしていたようです(;0;)

仕事帰りにムリヤリ乗っかった私のGWでしたが、
残酷に月日は流れ肉体は劣化するという現実を思い知らされただけでした。
晴天すぎる明るい陽射しが眩しかったぜ!

Twitter



月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。