スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガイモ1

春先に、食べようと思って保存していたジャガイモから芽が出てしまったので、
かつてゴーヤを育てていた土に埋めてみました。
種芋となったジャガイモは、すくすく育ちぐんぐん茎を伸ばし、可憐な花を咲かせました。
普通なら捨ててしまう運命だったジャガイモが
食用から鑑賞用に目的を変えて生き延びた!
私はそれに感嘆し、毎日幸せな気持ちで水をやり可憐な花をうっとりと眺めました。
しかし、悲劇は突然訪れました。
地方公演で一ヶ月半も部屋を空けなくてはならなくなってしまったのです!
長期で部屋を空ける時、我が家の植物は水不足でほとんどがご臨終です。
この生命力に溢れた、元はスーパーで売られていたジャガイモも、
地方公演を終え部屋に帰る頃には確実にミイラと化しているでしょう。

出発の朝、最期の水やりをして可憐な花を咲かせるジャガイモに
私は別れを告げました。
それは、辛いけれど仕方のない別れでした。

ひと月半後、大量のお土産を抱えて、私は無事に帰宅しました。
部屋に入るなり、葉っぱが萎れ茶色く変色したアイビーが見えます。
ジャガイモはどうなっただろう?
ベランダに向かいました。

<以下次号>

Twitter



月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。