スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しております^^;

「あつきさん、ブログぜんぜん更新してませんねぇ~」
歳の離れたお友達ですっかりお馴染みの(?)所里沙子ちゃんに唐突に言われた。

「え、でもツイッターは結構マメにやってるから元気なのはわかるでしょ」
と返すと、
「ツイッターやってるんですか。知りませんでした」
と意外な返答。

「あれ?ブログにツイッター貼ってるんだけど見れない?」
「ああ、私携帯で見てるからそういうの出ないんだと思いますよ」

携帯で見てる?!ハッ!Σ(゚□゚`) そうか!
ツイッターをブログに貼り付けたところで見られるのはPCのみ。
携帯で見てる人からすれば私はブログの更新サボってる人でしかないワケだ。
ツイッターはマメに呟いてるからブログ更新しなくても大丈夫なんて安心してたのは完全な独りよがりだったワケです(;0;)

そんなこんなで反省してブログを開いてみれば早や一ヶ月以上経過。
もうすぐ二ヶ月になろうとしています。
おまけにFC2さんからは更新してない人には広告出しちゃうぞとデカデカと広告出されちゃってるし^^;
こりゃヤバいってなワケでこの一ヶ月半ほどのご報告をさせて頂きます。


最近仕事は暇なのですが(^^;)、わりと忙しくバタバタやっていて映画館には行けてないけど芝居はなんとか観てます。
中でも6月に観た壱組印は二十年ぶりくらいに観る劇団。
前身の「東京壱組」は強いメッセージ性とユーモアと知性の頃合いが好きでよく観てました。
今回はひょんなきっかけから観劇することに。

fly_01s_w325.jpg
タイトルは「さすらいアジア~人類の創世~」。
基本テイストは変わってないように感じましたが以前より角が取れてシンプルになった印象を受けました。
良い意味で余裕を感じますし、出演の皆様もハイレベル。
たくさん笑いながら笑いの裏側の意味を深く考えさせられるというすごく観た気がする芝居です。
長く続けていることの偉大さを感じさせてくれる有意義な公演でした。


続いて映画について。
映画館に行けてないのですがDVDも観れてません^^;

観たいDVDが部屋に貯まっていて、久しぶりに観直したいのが山中貞雄監督作品「河内山宗俊」「百萬両の壺」。
その他、「悪魔のような女」(アジャーニのリメイク作品ではなく1954年のオリジナル)「キンキー・ブーツ」「大阪ぎらい物語」、なぜか「BLACK SNAKE MOAN」「湯けむりスナイパーSP」等が部屋で出番を待ってます。
映画館で最後に観たのは「ブラック・スワン」。
「ツリー・オブ・ライフ」観に行きたいなあ。


そういえば以前ブログで再会のご報告をさせて頂いたアントニオ小猪木くん、ちょこちょこ連絡をとっていて、
6月末は彼の所属先「西口プロレス」の興行をなかじままりさんと観て参りました。

いやー、西口面白かった!
プロレス全然わかんないけどわからなくても楽しめます!

西口の三箇条は「安全第一」「筋肉禁止」「台本重視」。
開始早々「百回のスクワットより一回の打ち合わせ!」と高らかにアナウンスされてました(笑)。
各技も「安全式パイルドライバー」「常識的ラリアット」とか怪我しなそうな冠がついてて笑えます。

2011070723100000.jpg

そして7月にはこれもひょんなことから取材の仲介をすることになり、また小猪木くんと会いました。
取材にも立ち会って、終わった後一緒にお酒も飲んで、またまた深く話し込んでしまいました。

彼とは昔から長電話したり話し込んだりしてましたが本当に20年という時間をすっとばしてあの頃と変わらず話し込んでしまいます。
この20年という期間に全く違う経験をして来たのに、仕事に向き合う部分で分かち合えることがたくさんあり、お互い成長した上であの頃と同じ感覚でいられるのです。

私達は当時、周りから「B型姉弟」と言われていましたが、兄弟のいない私にとって再会したことで本当の弟みたいな存在になりました。
再会させてくれたなかじままりさんに感謝です!


さてさて、他にもいろいろ書きたい事はあるのですがこれ以上長くなるとアレなので^^;
これにてサボっていた間のご報告を終わります。
一ヶ月半もほったらかして申し訳ありませんでした!
今後はツイッターに甘えることなく真面目に更新致しますので宜しくお願い致しますm(_ _)m

因みにツイッターのアカウントは「@atsukikatoh」です。
機会があったら覗いて下さいね^^


Twitter



月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。