スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なお花

毎日すごく暑いです。
なるべく外に出たくないけどそれでも用があれば出なくてはいけないわけで^^;
そんな時は炎天下のキツさを紛らわすためになるべく周りの風景に意識をもっていくよう努めています。

先日も暑さでうだった脳みそでボーッと歩いておりましたら、あまり見たことのない綺麗な赤色の花が視界に飛び込んで参りました。



見たことのない花だったので思わず近寄ってよく見てみると、なんと!
花びらだと思っていた赤色の部分は花びらではなく葉っぱ!
つまり緑色の葉の一部分が花びらの形で赤く変色しているのです!



なんじゃこりゃ!
見たことも聞いたこともない花との出会いに好奇心MAX!
帰宅して早速ググると画像検索も駆使して結構苦労しましたが、見つけました!

この花の名は「ショウジヨウソウ(猩々草)」。
熱帯から亜熱帯にかけて広く野生化している、とあります。
外来種ですが日本でも野生化した物があるそうです。

↓詳しくはコチラを。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/euphorbiaceae/syoujyousou/syoujyousou.htm

葉が赤く染まるのはポインセチアと同じですね。
ポインセチアは葉全体が赤く染まっていますが、ショウジヨウソウは一部分が染まるというところが違いでしょうか。
いずれにしても、鳥や虫をより多く飛来させて受粉を有利に運ぶために派手な花のふりをしているのだと思います。

しかし花だって遺伝子を残すためにこんなに頑張っているのに、私ときたらこの体たらく。
最近は暑いのをいいことに髪はシュシュで束ねるだけ、服も自分が良く見えるものより涼しくて楽な服ばっかり着てます。
これじゃあ虫が寄って来るわけなかとです(笑)

ショウジヨウソウとの出会いに、もうちょっと何とかしろという戒めの意味を感ぜずにはいられない夏真っ盛りでありました^^;

Twitter



月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。