スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後半戦突入してます^^;

すっかりご無沙汰してしまいましたが、ワタクシ元気に「舞台版大奥第一章」演っております。
無事に初日が開け、中日も過ぎ現在、後半戦に突入でございます。

最近は歳のせいか(苦笑)疲れが抜けないので、わりと静かな名古屋生活を送っております。



それでも終演後は↑こんな風にサクッとご飯食べて帰ったりしてますがw

15日は休演日でしたので伊勢神宮に行って来ました。


普段より早起きして車で一時間半ほどかけて三重県にある伊勢神宮へ。
初の伊勢神宮でしたが噂に違わぬ清々しい空気の神聖な場所でした。
樹齢何百年にもなる大木がバンバンあり大自然を満喫。
身も心もリフレッシュできました。

伊勢神宮は天照大御神をお祀りしている内宮、豊受大神宮をお祀りしている外宮から構成されますが、外宮→内宮の順に参拝するのがら習わしらしいのでそれに則って外宮から周りました。



写真は、内宮に入ってすぐの五十鈴川御手洗場。
内宮のお参りはこの五十鈴川で手を清め心を澄ませるのが本来の作法だそうです。



御正宮前で記念撮影。
この奥に天照大御神がお祀りされている「御正殿」があり、四重の垣根に囲まれています。
一般の参拝者が行けるのはこの写真の場所まで。

参拝を済ませた後は隣接する、おかげ横丁へ。
三重県の特産品を扱う飲食店や土産物屋さんが並んでいます。



我々一行は伊勢うどんと赤福の善哉でお昼ご飯を頂きました。

〆は、伊勢神宮近くの猿田彦神社の中にある佐瑠女神社へ。
佐瑠女神社には天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られています。
天宇受売命とは、有名な神話となっている、天照大御神が天の岩戸にお隠れになった時、岩戸の前で舞い踊り扉を開けることに成功した人物で、芸能の神様として祀られています。
芸能に携わる者として、それぞれがそれぞれの気持ちでお参りをして一日の参拝を終えました。

楽しいドライブや食事の中に厳粛な気持ちも忘れなかった今回の休演日。
スケジュールはハードでしたが、珍しく有意義に過ごしてしまった休日なのでしたwww

Twitter



月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。